風疹患者さらに増加 感染予防を

Information最新情報

風疹患者さらに増加 感染予防を
2018/09/26

7月下旬頃より、首都圏を中心に風疹患者が増えており、今年に入ってから累計は642人、去年の7倍近くに達しています。風疹はワクチンで予防可能な感染症です。それぞれが意識し、さらなる感染の拡大を防いでいきましょう。

 

”関東地方を中心にした風疹の流行が続いている。国立感染症研究所は26日、9月16日までの1週間で新たに127人の患者が報告されたと発表した。1週間の報告数が100人を超えたのは2週連続。今年に入ってからの累計は642人となり、昨年の7倍近くに達している。

都道府県別にみると、東京が前週から39人増え196人と最も多かった。次いで千葉161人(前週比38人増)、神奈川68人(同14人増)、埼玉42人(同7人増)と続いた。

関東地方以外では、愛知の36人(同8人増)が目立つ。また、感染が確認されていなかった滋賀と愛媛で新たに2人の報告があった。”

 

(引用:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180926-OYTET50058/)

 

度々ニュースになっていますが、7月下旬頃より、首都圏を中心に風疹患者が増えています。
風疹はリンパ節の腫れ、発疹、発熱を主な症状とし、飛沫接触感染で広がる、感染力の高いウイルスのひとつです。妊娠中の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、それに心臓などに障害が起きるおそれがあります。

風疹に感染した経験がなくワクチンを2回接種した記録もない人、また、ワクチンの定期接種が行われていなかった世代などにあたる30代から50代の男性もワクチンの接種を十分に検討してください。

風疹の患者数はまだまだ増えており、去年の7倍近くに達しているとのことです。風疹はワクチンで予防可能な感染症です。ご自身が抗体を持っているか検査をしたり、予防接種をするなどしてさらなる感染の拡大をそれぞれが意識し、防いでいきましょう。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L