インフルエンザ初期 AIで診断

Information最新情報

インフルエンザ初期 AIで診断
2018/11/27

 

 ”従来の方法では検出が難しかった感染初期のインフルエンザウイルスを高感度で検出し、インフルエンザの型も判別できる技術を開発したと、大阪大産業科学研究所などのチームが発表した。成果は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

チームの川合知二・特任教授(ナノテクノロジー)らは、直径が1ミリ・メートルの約3000分の1という小さな穴に電圧をかけてウイルスを通過させ、形や表面の状態などの違いから、人工知能(AI)を使って型を見分ける技術を開発した。国内で流行するA型2種類とB型のインフルエンザウイルスで確かめたところ、同じ型のウイルスが10個あれば、95%以上の精度で型を判定できたという。
実際の検査では、鼻の粘液などを使って調べることを想定している。従来の検査キットは、インフルエンザの発症初期に診断がつかない場合があり、チームは早ければ年内にも臨床研究を始め、従来の検査キットと性能を比べる計画だ。
研究を担当した筒井 真楠まくす ・准教授は「感染直後に正確に診断できれば、早期治療と感染拡大の防止につながる」と話している。”

(引用:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181126-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_news

 

インフルエンザに感染すると、高熱が続くなどつらい症状が出ますが、早期に診断できれば、症状が重くなる前に治療が開始できるようになるでしょう。
しかし、感染しないことが一番です。手洗い、うがいを徹底するなど感染予防に努めましょう。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L