新型インフルエンザ対応、首相「国内侵入できるだけ遅らせる」

Information最新情報

新型インフルエンザ対応、首相「国内侵入できるだけ遅らせる」
2018/11/11

政府は、新型インフルエンザの流行を想定した訓練を実施しました。首相は「今なすべきことは新型インフルエンザが国内に侵入する時期をできるだけ遅らせることだ」と述べ、情報収集の強化や国内での発生に備えた対策を急ぐことなどを指示しました。私たちは、しっかりと栄養と睡眠を取り健康管理をするとともに、手洗い、うがいを心がけ感染予防をしていきましょう。

 

 ”政府は9日午前、新型インフルエンザの流行を想定した訓練を首相官邸で実施した。安倍首相や関係閣僚らが初動対応を確認した。
海外で鳥インフルエンザのヒトへの感染が拡大し、世界保健機関(WHO)がヒトからヒトへの感染を確認したとの想定で実施。政府対策本部を設置し、初会合を開く流れを確かめた。
首相は「今なすべきことは新型インフルエンザが国内に侵入する時期をできるだけ遅らせることだ」と述べ、情報収集の強化や国内での発生に備えた対策を急ぐことなどを指示した。
新型インフルエンザは2009年に日本を含め世界的に流行した。内閣官房によると、10~40年周期で発生するという。”

(引用:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181109-OYTET50026/?catname=news-kaisetsu_news

 

新型インフルエンザは10年〜40年周期で発生しているため、今年も発生の可能性があります。新型インフルエンザは抗体を持たない方が多く発生すると流行する可能性が高くなります。政府としては、新型インフルエンザの国内への侵入を遅らせるよう対策を講じています。私たちは、インフルエンザへの感染を防ぐために、しっかりと栄養と睡眠を取り健康管理をするとともに、手洗い、うがいを心がけ感染予防をしていきましょう。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L