高齢者医療負担引き上げ 健保組合

Information最新情報

高齢者医療負担引き上げ 健保組合
2018/10/28

健康保険組合連合会が全国大会を開き、高齢者の医療費自己負担割合の引き上げなど高齢者医療の構造改革について話されました。どの世代の方も納得できるような制度ができていくことは期待しますが、食事や運動習慣などをはじめとした、病気の予防や健康管理など自身でできることはそれぞれがしっかりと意識し、行なっていきましょう。
  
 ”企業の健康保険組合で構成する健康保険組合連合会は23日、東京都内で全国大会を開いた。大塚陸毅会長はあいさつで、高齢化に伴う医療費の増加で組合財政が悪化していることに懸念を示し、「このままでは(医療制度を)支える側も共倒れになる。高齢者医療の構造改革を断行しないといけない」と指摘。75歳以上の医療費自己負担2割への引き上げや、高齢者医療制度に対する拠出金の上限設定を求める決議を採択した。
大会には自民党の小泉進次郎厚生労働部会長も出席。「現役世代の負担をこれ以上増すことなく、高齢者の理解を得ながら人生100年時代にマッチする社会保障制度をつくれるか。簡単ではないが頑張りたい」と述べた。 ”
(引用:https://medical.jiji.com/news/17973

大企業の従業員やその家族などが加入する健保組合では、最近、高齢者医療を支える拠出金が重荷となって解散する動きが相次いでいます。
解散はしていないものの赤字となっている組合も増えており、保険料率も徐々に上がっています。
高齢化が進むことによる医療費の増大が色々と問題になっています。
どの世代の方も納得できるような制度ができていくことは期待しますが、食事や運動習慣などをはじめとした、病気の予防や健康管理など自身でできることはそれぞれがしっかりと意識し、行なっていきましょう。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L