高齢者体力増加傾向 引き続き適度な運動を

Information最新情報

高齢者体力増加傾向 引き続き適度な運動を
2018/10/08

スポーツ庁は、2017年度体力・運動能力調査の結果を公表しました。成績の合計点で、高齢者の体力は向上傾向にありました。適度な運動を続けて体力を維持していきましょう。

 

“体育の日を前に、スポーツ庁は7日、2017年度体力・運動能力調査の結果を公表した。成績の合計点では、高齢者が向上傾向にあり、70歳以上の男性と65歳以上の女性が過去最高を記録した。一方、男性の30代後半から40代前半と、女性の30代前半から40代後半は低下傾向となった。

調査は17年5~10月に実施。6~79歳の男女6万4648人のデータを得た。

現行の調査方式(新体力テスト)が始まった1998年度と比べ、75~79歳の女性は約6.5点増の36.03点となり過去最高。65~79歳の男女は「上体起こし」や「開眼片足立ち」などほとんどの項目で向上傾向が続いた。運動を週1日以上する人は65歳以上のすべての世代で6割を超えた。

調査内容を分析した順天堂大の内藤久士教授(運動生理学)は「自分の健康は自分で獲得するために、運動がとても重要であることが浸透している」との見方を示した。

35~39歳の女性は、過去最低だった前回より上昇したものの低迷。体育の授業を除き、中学生から40代の女性で1日も運動をしない割合が98年度と比べ増加した。

6~19歳はボール投げなどで低下傾向だった。”

 

(引用:https://medical.jiji.com/news/17624

 

 

だんだん年齢を重ねてくると、体力の低下を感じる方も増えてきます。そのため、運動をしようという意識が出てくるようです。良い傾向です。このまま適度な運動を続けて、体力を維持していきましょう。

そして、30~40代の世代の方は、運動の習慣を身につけ、徐々にくる体力の衰えに備えましょう。

 

 

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L