2019年4月 高齢者向け見守りサービス「ドシテル」開始

Information最新情報

2019年4月 高齢者向け見守りサービス「ドシテル」開始
2018/11/24

 

”離れて暮らす高齢者の部屋での様子が、いつでもわかる、変化が見える

日立グループの家電・空調事業を担う日立コンシューマ・マーケティング株式会社(取締役社長:須藤 利昭/以下、日立CM)および日立アプライアンス株式会社(取締役社長:徳永 俊昭/以下、日立AP)は、スマートライフ事業の第1弾として、離れて暮らす単身高齢者の部屋での様子や変化をスマートフォンで確認できる見守りサービス「ドシテル」を2019年4月に開始します。

■新サービスの開発背景
来年4月に合併し新会社を設立予定の日立CMと日立APは、社会構造の変化やデジタライゼーションの進展により、世界中のお客さまのライフスタイルが多様化する中、価値ある商品・サービスを提供し、人々のQoLを高める「生活ソリューションカンパニー」をめざしています。その実現に向け、従来から注力してきたプロダクト事業に続く第2の柱として、日立グループが有するIT・OT・プロダクトと両社が有する商品・サービスを組み合わせたスマートライフ事業の創出に取り組んできました。
一方、国内の社会構造に目を向けると、少子高齢化の進行とともに単身高齢者の増加が進んでおり、その子ども世代にとっては、親の様子がわからないことが心配事の一つとなっています。そこで今回、日立CMと日立APでは、離れて暮らす単身高齢者の在室状況や活動量をスマートフォンでリアルタイムに確認できるだけでなく、その変化が見える新サービスを、スマートライフ事業の第1弾として開始します。この新サービスは、単身高齢者の活動状態の変化に気づくことができるので、詳しい状態を確認するための電話や訪問のきっかけになります。このように家族が単身高齢者に寄り添っている様子をイメージし、新サービスの名称を「ドシテル」としました。

■新サービスの主な特長<見守りサービス「ドシテル」>
1. 単身高齢者の部屋での様子がいつでもわかる
新サービスでは、単身高齢者の部屋の壁などに活動センサーを設置し、24時間365日、在室状況や活動量を検知します。検知した情報は無線LAN ルーターを通じて、サーバーに蓄積します。家族は、専用のスマートフォンアプリを通じて、単身高齢者の様子をリアルタイムで確認できます。今後は、日立のコネクテッド家電との連携も検討します。

2. 部屋での活動の変化が見え、異変時には家族にお知らせ
新サービスでは、単身高齢者の生活リズム・活動量・睡眠時間の情報を蓄積します。家族は専用のスマートフォンアプリを通じて、それらの履歴を簡単に確認できるので、単身高齢者の活動状態の変化に気づくことができます。変化を感じた際には、電話で状態を確認したり、訪問することができるので、家族が単身高齢者にこれまで以上に寄り添えます。
また、日立グループが有するITのノウハウを生かした情報解析技術により、不在や静止状態が一定時間継続した場合などには、家族に異変をお知らせする機能も採用します。

3. プライバシーへの配慮と厳密なセキュリティ管理
プライバシーに配慮し、新サービスで使用する活動センサーは、映像を使わずに日常生活の状態を検知する方式を採用しているので、家族がスマートフォンアプリで確認する際、見守られる単身高齢者の映像がそのまま見えることはありません。また、検知した情報を蓄積するサーバーは、外部からの不正アクセス防止などの対策を実施し、厳密なセキュリティ管理を行います。

■今後の予定
新サービスは、2019年2月から地域や対象者を限定した先行サービスを実施します。その後、2019年4月に、新サービスのホームページや協業する法人パートナーを通じて、全国でサービスを提供する予定です。”

(引用:https://news.biglobe.ne.jp/economy/1122/prt_181122_1682916381.html

 

離れて暮らしていたり、働いている場合、頻繁に様子を見に行けないこともあります。このように活動の様子がわかると、見に行けない時でも状況がわかるので安心できます。また、異変があった際もすぐにわかるので、状況を確認しに行くこともできます。
私達医療スタッフも、安心して見守ることが出来ます。
活動の様子はこのようなサービスで確認することはできますが、出来れば直接会いに行く機会は作っていきたいですね。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L