AYA世代がん患者、2年で5万7千人 女性が男性の3.5倍

Information最新情報

AYA世代がん患者、2年で5万7千人 女性が男性の3.5倍
2019/10/18

日本を担う若手の年代に、気になるニュースが舞い込んできています。

国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは、2016~2017年の2年間に、がん治療を始めた15~39歳のAYA(思春期・若年成人)世代の患者が、5万7788人だったと発表しました。20歳以降から女性が増加し、AYA世代全体では女性が4万4946人で、男性(1万2842人)の3.5倍に達したといいます。

両センターは、がん診療連携拠点病院など全国の844専門医療機関で2016年1月~2017年12月に治療を始めた患者について、40歳未満のデータを解析しました。

年齢層別にみると、15~19歳は男性がわずかに多いが、20歳以降では女性が大きく上回っていた。14歳以下の小児がん患者は4513人だったようです。

調査の詳細は国立がん研究センターのウェブサイト(https://ganjoho.jp/reg_stat/)で見られます。

◆AYA =Adolescent and Young Adult

(引用URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191018-OYTET50008/

なぜ性別でここまで倍率が異なるのか、原因や傾向なども早くわかってほしいものですね。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2020 nurse care station L