胃潰瘍薬11社が回収…発がん性物質含むおそれ

Information最新情報

胃潰瘍薬11社が回収…発がん性物質含むおそれ
2019/10/09

胃潰瘍で治療を検討している方にとって、必ず耳にしておきたいニュースが入ってきました。

 

胃潰瘍などの治療薬「ラニチジン塩酸塩」について、製造販売する全ての製薬会社11社が自主回収を始めました。発がん性物質が含まれる可能性があるためだが、現時点で健康被害の報告はないといいます。

 

自主回収を進めているのは、先発薬を製造販売するグラクソ・スミスクライン(東京都)と、後発薬を製造販売する日医工(富山県)や沢井製薬(大阪府)、東和薬品(同)など10社。米食品医薬品局(FDA)などが発がん性物質の検出を発表したことを受け、厚生労働省は9月、各社に分析や出荷停止を指示していました。

 

ラニチジン塩酸塩は、胃酸を抑える作用があり、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療に使われます。厚労省は「同じ作用を持つ薬が他にあり、医療現場での大きな混乱はないだろう」としています。

 

(引用URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191005-OYTET50001/?catname=news-kaisetsu_news

 

日進月歩、医療が進んでいるため、従来の薬品への見解が大きく変わることがあります。ご自身が治療で服するお薬について、改めてアンテナを張っておきましょう。気になったら、訪問看護師に気軽に質問してみてくださいね。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2020 nurse care station L