中高年ひきこもり 全国で支援 民間7団体 情報共有

Information最新情報

中高年ひきこもり 全国で支援 民間7団体 情報共有
2019/08/28

中高年のひきこもり問題に取り組む七つの民間団体が24日、全国での支援に乗り出そうと、新団体「全国家族・市民の会エスポワール」(京都市)を発足させました。ノウハウの共有や活動拠点の拡大などを行い、ひきこもり当事者や親のサポート態勢の強化を目指します。

 

ひきこもりは従来、若者の問題として自治体が就労対策などを行ってきましたが、内閣府の調査(3月公表)で40~64歳が推計約61万人にのぼることがわかり、中高年への支援が課題となっています。高齢の親と共に生活が困窮する例が多く、80歳代の親に50歳代の子という代表的な構図から「8050問題」とも呼ばれる。

 

新団体の結成を提案したのは、長年、この問題に取り組む「市民の会エスポワール京都」代表世話人・山田孝明さん(66)。ひきこもり当事者らの交流会や家庭訪問などを行う傍ら、当事者らに働きかけ、兵庫、愛知、奈良、広島、岡山、福岡の6県に団体をつくって支援の輪を広げ、全国的活動には足がかりが必要として6団体に呼びかけました。

 

この日は、京都市内で設立総会を開催し、山田さんが代表理事に就任。新団体は「8050問題ネットワーク」という通称も用いる。今後は、情報共有のほか、各地での団体設立や資金集めなどを協力して実施する。近く、長崎や静岡にも支援団体が設立されるという。

 

山田さんは「これからも進学、就職、結婚などから取り残された人たちや高齢化する家族に手を差し伸べていく。活動を活発化させるきっかけにしたい」と話しています。

 

(引用URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190826-OYTET50014/

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L