老眼になったみたい…気になったらすべきこと

Staff Blogスタッフブログ

老眼になったみたい…気になったらすべきこと
2019/07/10

最近物が見えにくくなってきた…と感じたら、それは、目のピント調節がうまくできなくなる老視(老眼)かもしれません。だいたい40代で始まるといわれています。

 

<老眼の原因は?>

カメラのレンズの役割を果たす水晶体は、毛様体の働きにより厚さを変え、見ている物にピントを合わせています。年を重ねると水晶体が硬くなり、ピント調節がうまくできなくなる。近視の人も、老眼になります。

 

<老眼って防げないの?>

老化現象なので防げません。遠くと近くを交互に見て毛様体を鍛えたり、目を温めて血行を良くしたりすると、進行が遅くなると感じる人もいるようです。ただ、実際に効果があるかどうかはわかっていません。

 

<老眼になったら、何をすべき?>

老眼鏡やコンタクトレンズを使って、よく見えるよう調節しましょう。目の負担を軽くしてあげることです。老眼鏡には、単焦点のものや遠近両用の二重、三重焦点のタイプなどがあります。遠くと近くの視力の差が大きい場合は、「外出用」「読書用」など、それぞれの老眼鏡を作って使い分けるといいでしょう。視力の差が少なければ、遠近両用のコンタクトレンズを使う選択肢もあります。

 

<自分の「遠近の視力差」を知るには?>

眼科医にみてもらいましょう。遠くを見てから近くを見た時、すぐにピントが合わなければ、老眼の可能性があります。「スマホ老眼」というのもあるんです。スマートフォンなどを長時間使うと、若い人でも毛様体がけいれんを起こし、正常に働かなくなる。目を休めたり点眼薬を使ったりすると治りますが、老眼が進んだのか、スマホ老眼になったのか、自分ではなかなか判断ができません。

 

<老眼を放っておくと、どうなるの?>

物が見えづらい状態を続けていると、目の奥の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が出てきます。目の病気の可能性もあります。我慢せずに眼科を受診してくださいね。

 

目元が気になり始めたら、ぜひかかりつけ医や訪問医、訪問看護師に気軽に相談してみましょう。

 

(引用・参考URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190624-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_kaisetsu-kikaku_oshiete-yomidoc

 

 

NEW ENTRY

CATEGORY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L