スタッフブログ

Information最新情報

5つ星病院ほど診療科は少ない?
2019/07/14

もし病院を選ぶなら、提供されるサービスは多い方がよいでしょうか?5つ星評価がされている病院の特徴として、アメリカから面白い研究結果が届いています。

 

5つ星ホテルに滞在する客はバレーパーキング、ルームサービス、スパ、プールなど、多くのサービスを受けますが、病院の場合は状況が異なるようです。5つ星病院の多くは4つ星以下の病院に比べて提供するサービス(診療科)の数が少ないことを、米・Johns Hopkins Universityの研究者がJAMA ( 2019年6月10日オンライン版)に報告しました。

 

米・メディケア&メディケイドサービスセンターは国内4,000の病院に関するデータを有しており、これまで患者満足度、合併症発生率、治療の即時性などに関する評価をウェブサイト上で公開してきました。2016年には、「致死率」「ケアの安全性」「ケアの効果」「患者の経験」など7つの視点から評価し、病院に星評価を割り当てるシステムを開始しました。

 

「患者の経験」に関する星評価を受けている病院は2,798施設。そのうち5つ星評価を得ていたのは150施設です。研究者のZishan Siddiqui氏らは、5つ星病院と1~4つ星病院について、米国病院協会が提供している臨床サービスデータを関連付け、比較しまいした。

 

1~4つ星病院の95.3%が救急診療部を、90.6%が集中治療室を有している一方、5つ星病院ではそれぞれ77.3%、42.0%でした。同様に、5つ星病院では神経科、心臓病科、産科、腫瘍科を持つ割合が少なかいことがわかりました。

新生児集中治療室に至っては、1~4つ星病院の31.5%に対し、5つ星病院では1.7%しか配置されていませんでした。また、5つ星病院が教育機関、研究機関である場合も少ないことがわかりました。

 

心臓病専門病院や整形外科病院などの専門施設を除いて分析しても同様で、5つ星病院では、1~4つ星病院よりも提供するサービスが少ないという結果が判明しました。

 

Zishan Siddiqui氏によると、「患者による評価は、提供されるサービスの量ではなく、医療従事者のコミュニケーション水準や即応性に基づいたものであるため、驚くべき結果ではない」と言います。

 

診療科が少なければ、その病院を受診する患者は同じような疾患を抱えているため、医療従事者を問わず均一なコミュニケーションを取りニーズに応えることが容易と考えられます。一方で、より多くのサービスを提供する、すなわち複雑な疾患を持つ患者が多い病院では、患者ニーズの予測や充足が困難なため、評価が低くなっている可能性があります。

 

しかし、「一般的に求められているのは、さまざまな患者に対して専門的な治療を提供できる病院だ」と同氏は指摘しています。この評価方法によれば、4つ星病院では、1つ星病院よりも高いコミュニケーション水準と即応性を持っていると期待できます。患者は医療機関の選択において厳しくチェックすることからも、より多くのサービスを持つ4つ星病院は5つ星病院以上の施設と捉えることも可能だと提案しています。

これらを踏まえて「病院を探すときには、この星評価に限らず、どんな治療・ケアを必要としているのか、家族や友人の経験、口コミ、医師の推薦など複数の評価方法を参考にすることが望ましい」と、同氏は加えています。

 

(引用URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190705-OYTET50006/?catname=kenko-hyakka

 

病院に何を求めるかでも変わってきますが、やはり医師、看護師としっかり連携が取れ、相談しやすい病院を望む方が多いのではないでしょうか。改めて、病院を選ぶ基準をご自身の中で考えてみると良いかもしれませんね。

NEW ENTRY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L