スタッフブログ

Staff Blogスタッフブログ

転倒しない歩き方のコツを学ぼう
2019/01/10

年齢を重ねていくと、足腰の筋力が低下し転倒しやすくなります。小さな転倒が大きなケガにつながることもあります。

 

そこで今回は、転倒を起こしやすい歩き方と、どのような点に気をつければ良いかポイントをご紹介いたします。

 

<転倒を起こしやすい歩き方>

(1)すり足で歩く

(2)つま先から歩き始める

(3)腕の振りが小さく、歩幅が狭い

(4)目線を足元ばかりに向ける

 

上記4点のような歩き方をしている場合、転倒を起こしやすくなるため注意が必要です。

 

では、どのような点を意識すれば、転倒しづらい歩き方になるのでしょうか。ポイントを押さえていきましょう。

 

<歩き方のポイント>

 

(1)つま先で地面を蹴って、踵(かかと)から着地する。

(2)歩幅を広げてゆっくり歩く。

(3)前屈みにならないように注意する。

(4)背筋を伸ばし、遠くを見て歩くように心掛ける。

 

上記4つのポイントを意識し、ちょっとした買い物や散歩にも取り入れることで、毎日を健康に楽しく過ごしていきましょう。

 

歩き方に不安を感じるときは、医師や看護師、機能訓練士などに相談するのがおすすめです。

 

(参考URL:https://hachioji-sannou.or.jp/nl/0710.pdf

 

NEW ENTRY

CATEGORY

Contactまずはお気軽にお問合せください
休日のご利用希望の場合はご相談に応じます

    お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
© 2019 nurse care station L